よしもと耳鼻咽喉科クリニック

ゾレア®皮下注射治療

ゾレア®皮下注射治療

ゾレア®(一般名:オマリズマブ)はスギ花粉に対するIgE抗体と結合し、アレルギー反応を引き起こすヒスタミン、ロイコトリエン、サイトカインなどの産生・放出を抑えることで花粉症を改善させる新しい治療法で、非常に重いスギ花粉症の方が適応となります。

適応基準

  • 12歳以上で、体重が20〜150kgの範囲の方
  • スギ花粉抗原に対する血清特異的IgE抗体がクラス3以上の方
  • 血清中総IgE濃度が30〜1,500IU/mlの範囲にある方
  • 昨シーズンに抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド剤を使用されており、かつ今シーズンになって抗ヒスタミン薬を1週間以上使用しても効果が不十分であり重症、最重症のスギ花粉症であると診断できた方

☆治療期間は2月から5月の花粉飛散時期となります。

投与量・費用

投与量・投与間隔は、血清中総IgE濃度と体重によって決まります。
決定した量のゾレア®を4週間または2週間ごとに皮下注射します。
1回あたりの投与量は下記法のように75mg〜600mgとなり、健康保険3割負担の方で4,444円〜69,953円の薬剤費が窓口での支払い額に含まれます。

平均的な患者様のおおよその自己負担額

具体的に、健康保険3割負担の標準的な方の薬剤費は、1回の投与量150mgの方で8,744円、300mgの方で17,488円となり、症状の経過をみながら4週間毎の投与となります。ほとんどの方は1シーズンに1~2回投与となります。その他、診察料、処置料などがかかります。

注意事項

  • これまでの花粉症治療薬が分かるお薬手帳が必要となりますのでご持参ください。
  • 治療適応の有無の確認、血液検査、投与量の決定ができてから、薬剤の発注、投与となります。初回投与まで数回の受診が必要になりますのでご了承ください。
  • ゾレア®は体重と血清中総IgE濃度によって投与量が決まりますが、血清中総IgE濃度が高過ぎる方は使用できないことがあります。
  • 主な副作用は、注射部位の赤み・かゆみ・腫れです。また、わずかながらアナフィラキシーショックを引き起こす可能性があるため、初回投与後は院内で30分間待機して頂き経過観察を行います。

よくある病気

治療の説明


ページ
TOPへ