よしもと耳鼻咽喉科クリニック

くび(頸部)の病気

くび(頸部)の病気

くび(頚部)には、体と脳の間を血液が行き来する頚動脈、頚静脈があり、免疫をつかさどるリンパ管、リンパ節がはり巡らされています。また、新陳代謝にかかわるホルモン(甲状腺ホルモン)を分泌する甲状腺や、唾液を分泌する耳下腺、顎下腺、舌下戦などの唾液腺が存在します。
それぞれの部位が感染や炎症を起こしたり、腫瘍により占拠されたりすることで、頸部の腫れや痛み、機能障害が生じることがあります。
当院では、頸部超音波検査や喉のファイバースコープ検査、血液検査などで詳しく調べ診断します。また、さらに詳しい検査が必要である場合や、手術など大がかりな治療が必要な場合は総合病院へ紹介させて頂きます。

よくある病気

治療の説明


ページ
TOPへ