よしもと耳鼻咽喉科クリニック

舌下免疫療法

舌下免疫療法とは

アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし症状を和らげる治療法でアレルゲン免疫療法といいます。アレルゲンを精製したお薬を舌の下において治療するので舌下免疫療法といわれます。原因となるアレルゲンを用いて行う治療法のため、原因となるスギ花粉やダニ・ハウスダストなどのアレルゲンを特定する検査が必要です。

アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状を抑える可能性のある治療法です。症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、お薬の使用量を減らすことも期待できます。
スギ花粉症とダニアレルゲンによる通年性アレルギー性鼻炎が保険適応となっています。

服用期間

1日1回、少量から服用をはじめ、1週間後に問題なければ増量し、その後は決まった量を目標として3年以上にわたり継続して服用します。
初回の服用は、医師の監督のもと行う必要があります。

服用方法

治療薬を舌の裏側に置き、1分間保持したあと、飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えます。毎日服用します。
スギ花粉症、通年性アレルギー性鼻炎でダニアレルゲンが原因と確定診断された患者さんが治療を受けることが出来ます。

服用後に避けること

服用する前後2時間程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴などは避けるようにしてください。

治療効果について

長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状を抑える効果が期待できます。
症状が完全に抑えられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

主な副作用

舌下免疫療法には、以下の副作用があらわれるおそれがあります。

  • 口の中の副作用(口内炎や舌の下の腫れ、口の中の腫れなど)
  • 咽喉(のど)のかゆみ、刺激感、不快感など
  • 耳のかゆみ
  • 頭痛 など

まれに生じる可能性のある重大な副作用

  • ショック
  • アナフィラキシー

※医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合30分以内で、蕁麻疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック症状(蒼白、意識の混濁など)がみられます。

よくある病気

治療の説明


ページ
TOPへ